隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

 

ーおすすめ記事ー
  

約束のネバーランド8話感想 走馬灯の回想とクローネの屍を越えてゆけ

f:id:Baskerville:20190301140941p:plain

「絶対逃げろよ糞ガキども。鬼ごっこは得意でしょ。」

 

このクソみたいな世界をぶち壊せ

 

ただひたすらに、無音で美しいメロディーのBGMだけが流れるクローネの走馬灯。
演出の長さは1分近くあっただろうか?
しかし、鬼に追い詰めれているクローネには、脳裏に駆け巡る一瞬の思い出だったのだろう。

 

走馬灯

死の間際に、これまでの人生のさまざまな思い出が映像として見える体験は、わたしたちがよく知っているとおり、日本では「走馬灯」と呼ばれてきました。

いつも空が見えるから

 

約束のネバーランド 8話 感想

f:id:Baskerville:20190301141053p:plain
f:id:Baskerville:20190301140921p:plain
f:id:Baskerville:20190301141004p:plain

クローネはイザベラに嵌められた。
前回の第7話でイザベラが、クローネに渡した手紙の内容はその通達だった。表向きは第4プラントのママに。裏は邪魔者の排除・・・。

施設を出て門へ向かうクローネ。そして待ち構えるのはグランマと鬼。

 

最後まで抗い、前述の走馬灯のシーンが流れる。

施設で小さい頃から育ち、出荷されるクローネ。その後は本人が言っていた通りに、ママになる道を目指し挫けながらも、頑張るクローネの姿が描かれている。 

f:id:Baskerville:20190301140846p:plain
f:id:Baskerville:20190301140928p:plain
f:id:Baskerville:20190301141037p:plain

 

私が元々クローネがお気に入りキャラだったこともあるが、その回想シーンで深く感情移入してしまった。だから彼女が死んでしまったのは悲しいし、「約束のネバーランド」はおしいキャラをを失くしたと思う。

最後にクローネが子供達の脱走の成功を祈り、メッセージを残したシーンは鳥肌が立った。

 

今度、エマのねんどろいどが発売されるらしいが、是非ともクローネのねんどろいども作って欲しい・・・。(要望)

ねんどろいど 約束のネバーランド エマ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

 

そして今回で、物語は大きく進みだした。
レイがずっと裏切っていた事を知っていたイザベラ。二人の契約は解消に。
グランマの過去や、エマたちとイザベラの本音の会話。明日に決まったノーマンの出荷。そして何よりクローネの死。(マジ)

f:id:Baskerville:20190301141030p:plain
f:id:Baskerville:20190301141042p:plain

 

イザベラに抵抗したエマは、足の骨を折られ、嫌な音が森中に鳴り響く。
聞いた瞬間に、頭が追いつかなくて一瞬、何が起こったか理解出来なかった・・・。骨折したエマは脱走が難しいだろうし、何より状態は最悪。
これからどうすんの?と言いたくなってしまうほど、視聴者も絶望である。

 

さて、8話で今までゆっくり進んでいたストーリーが大きく進みだしましたね。
そして、次回の第9話で更に大きく進みそうな予感がします・・・。

一瞬たりともエマ達から目が離せません・・・!

 

では読んで頂き、ありがとうございました。

(本当におしいキャラを失くしてしまった)