隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

 

ーおすすめ記事ー
  

約束のネバーランド7話感想 クローネがママになっても人形と同じく、子供の首も捥いじゃいそう

 f:id:Baskerville:20190222143937p:plain

シスター・クローネ?いや、ありゃあママ・クローネだ。

 

さあ、始まりました。約束のネバーランド第7話。

 

イザベラの足を掬い、自分が農園のママになる事を夢見るクローネ。

使える情報やモノは使いたいエマ・ノーマン率いる子供達。

手を組む事に決まった二組は、探り探り相手を観察しつつも、協力体制に。

これからどう動くのか分かりません・・・。

 

約束のネバーランド7話感想↓

f:id:Baskerville:20190222143813p:plain

脱走の決行までは、アニメの進行状況と比例してゆっくりゆっくり進みます。

失敗は許されないし、捕まってしまったら終わりだから慎重に・・・。

 

今回で明かされたのはクローネが農場出身で、12歳を越えられた生き残りであること。外の世界へは出る事が出来ないし、見た事もないらしい。

  

ところで、クローネは外の世界を知らないのに、どうやってエマ達が暮らす農場にやって来たのでしょうか?
心臓にある電流の電源は切られ、輸送されて来た。特に変わった事のない方法なのだろうけど、いまいちピンとしない。
もしかして直ぐ側に農場がいくつかあるんだと予想します。根拠は無いけどね。

 

そして、クローネが見せるイザベラへの感情。
もしかしたら、彼女らは過去に何かあったのではないでしょうか?イザベラも農場出身で、同じ所にいたとか・・・。

仮にママがイザベラじゃなくて他の人間だったら、クローネはまた同じ感情を向けるのでしょうか?深い因縁が感じられます・・・。

 

 

f:id:Baskerville:20190222143805p:plain

さて、今のところずーっと準備が続いております。
これは進行が遅いのか、はたまた脱走の難しさを物語っているのか。

どんな感想を書いていいのか、イマイチ分からなくなってきました。

見せ場があっても、このアニメ平気で裏切ってくるしね。
※ちなみに私はまだギルダを少し疑っています。過去に見せた目付きのヤバさは本物だったから

f:id:Baskerville:20190222160541p:plain

 

だから、ギルダもレイもクローネもみーんな信じられない。最終的にクローネは本当の仲間になりそうな気もするけどね。

 

では読んで頂き、ありがとうございました。

www.kakure-otaku.com

 

ここのクローネカワイイ。

f:id:Baskerville:20190222143945p:plain