隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

 

ーおすすめ記事ー
  

約束のネバーランド6話感想 ドンのスリ技は視聴者にも気付かせない神業と決意

f:id:Baskerville:20190215144243p:plain

5話扉「ガチャリ・・・」

絶対絶命に思えた状況。ドンとギルダの引きつった顔が心境を物語っていた。

しかし、扉を開けたのはママではなかった。かくれんぼをしていたフィルであった。

やっぱりね。というのが感想。紛らわしいやっちゃ。

 

自分の目で見たものしか信じない。
エマ、ノーマン、レイはまだ何かを隠している。
ドンとギルダは精神的にも追い込まれながらも、動き出す・・・!!

 

約束のネバーランド6話感想↓

 

f:id:Baskerville:20190215144217p:plain

ママと秘密の部屋に忍び込んだドンとギルダ。
しかし、鍵が必要な部屋がある。脂汗が滲む2人を見ていると、こちらまでドキドキしてくる。ドンからは、焦りと苛立ちを感じた。
コニーの安否が分からず、やり場のない怒りをママの疑惑へとぶつける。

中々大胆な男だ。

 

とりあえずママにワザとぶつかって鍵をスる。

f:id:Baskerville:20190215144212p:plain
f:id:Baskerville:20190215144229p:plain
f:id:Baskerville:20190215144048p:plain

第三者目線で観ている視聴者にも気付かせない神業だ・・・。

もちろん、あのママにもバレていない。スリを成功させたドンは、とても悪い顔をしていた。

しかし、手を伸ばせば届く位置に秘密と真実が迫ったドンは、もう笑うしかなかったのだろう。そう思うと真実を(コニー)知ってしまう恐怖感から、悪い顔に見えたのかもしれない。
とりあえず、盗った罪悪感は微塵も無かったでしょうね。

 

そして忍び込んだ部屋で見つけた、コニーの人形。
遺品の様に並べられた物を見て、青ざめていくドンとギルダ・・・。

f:id:Baskerville:20190215144248p:plain
f:id:Baskerville:20190215144314p:plain
f:id:Baskerville:20190215144331p:plain

エマやノーマンは、コニーの生死は分からないと言っていた。
しかし、自分の目で見て確かめた状況からコニーの無事は絶望的だ・・・。

頭に血が上がるドン。3人が本当の事を教えてくれなかったからだ。
いや、違う。自分の非力さが悔しい。
今回のエマ達の件もそうだが、やっぱりコニーの犠牲が大きい。

 

そうしてドンは男泣きを見せ、ギルダは気を持ち直して、脱走するという決意を固めるのであった・・・。6話でドンは株を上げましたね。
熱くスカッとしているし、素直で良いキャラだと思います。

f:id:Baskerville:20190215143957p:plain
f:id:Baskerville:20190215144109p:plain

 

ミネルヴァからの、本に書かれたモールス符号

図書室にある本に、種類問わず描かれていた梟の絵と、モールス符号。見つけ出したのは奇跡に近いですね・・・。
6話時点では「ミネルバ」という人の名前と、「約束」というメッセージがこれからの鍵になると思います。

f:id:Baskerville:20190215144015p:plain
f:id:Baskerville:20190215144115p:plain

 

 

クローネと手を組む

f:id:Baskerville:20190215144337p:plain

顔芸が話題との、シスター・クローネ。
クローネは全部知っていた。5人の企み、昨夜のこと全部。
クローネはママの足をすくいたい。農園の子供達が脱走すれば失脚し、立場を超えられるかもしれない。
そんなこんなで、子供達は彼女と手を組む事となりました。

私が一番好きなキャラなので、本当に子供達の味方に寝返って欲しい。
少しだが、ピッコロやべジータと同じ匂いがする・・・。仲間にならないかな。

 

さて、終わってしまいました「約束のネバーランド」第6話。
この進行具合を考えると、アニメではどこまでやるのでしょうか?漫画は現在も連載中ですし、脱走後の物語もあるでしょうし・・・。
とりあえず38人全員で脱走できるなら、まだまだ待つよ。いや、待たせて下さい。

 

では読んで頂き、ありがとうございました。