隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

 

アプリゲームの周回が楽チン!自動連打装置(超 タップマシーン)【ガジェット】

f:id:Baskerville:20190214134139p:image

ほとんどのスマホゲーム、アプリにあるだろう「周回」という作業。
イベント限定のキャラクターやアイテムをGETする為に、人々は脳を停止させてひたすら走る。はしる。hasiru・・・。

 

他の片手間で同時に出来る周回もあるだろう。しかし、集中は出来ない。
もちろんずーっと、ゲームにかじりついている訳にもいかない。

何て、「周回」とは業の深い事か・・・。ぶっちゃけ、私は辛い。

 

 

自動連打装置を買った

f:id:Baskerville:20190214133657p:image

インターネットで検索をかけて見つけ出した。どこの通販サイトやフリマサイトでも同じ画像使ってるから、値段だけで決めよう。

価格は2,400円だった。

写真で見ると、装置がお粗末に見えるが本当に大丈夫・・・?

 

 

届いた

装置は小さい。剥き出しの盤と配線。

絶対にコストはかかっていないだろう。何てチョロイ商売なんだと思った。

f:id:Baskerville:20190213231041j:plain

リレータッチボード(ドライバ有り) 

リード線付リレータッチボード(ドライバ有り)

さっそく実験してみた

インチキ臭い字体の説明書を読んだところ、盤にAndroidを充電する時と同じ端子を使うらしい。つまり、Micro USBケーブルの事ですな。

私はアイコスの充電で使用しているものを、そのまま流用しました。

f:id:Baskerville:20190213235002j:plain

スイッチON!!!
ビックリしたが、意外にも音が静か。耳を澄ませば「パチパチパチ」と、微かに聞こえるくらい。オーディオのスピーカーみたいに、膜を振動させているのかな?

 

 

100回タップを何秒で出来るか測るゲームアプリで試してみる。

左が普通に自分でタップ、右は装置を使用。

f:id:Baskerville:20190213235007p:plain
f:id:Baskerville:20190213235012p:plain

 

 感度良好、テープで固定していた装置がズレなければ永遠にタップしてそう。

連打速度はショップ曰く、調整出来るそうな。私はデフォルトで購入しました。

 

 

いざ本番!(スマホゲー周回) 

今回、自動装置を使用するスマホゲームは、戦国アスカZERO。

戦国アスカZERO - 街づくり×SDバトル

戦国アスカZERO - 街づくり×SDバトル

ORATTA無料posted withアプリーチ

イベント時には専用ステージを500周(上限)すれば、アイテムとキャラが沢山手に入る。

周回ボタンがあるので、この装置が大いに役立ちそうだ。

f:id:Baskerville:20190213235017j:plain

 

流れ

クエストクリア→戦闘確認(1タップ)→キャラの経験値(1タップ)→報酬(1タップ)→フレンドの確認(1タップ)→クエスト

周回する為には、計4回のタップが必要になる。片手間でも少し面倒くさい。

 

紙テープで固定して放置!!!

 

f:id:Baskerville:20190214134642g:plain

 

結果と注意 

私の結論としては、一家に一台レベル。スタミナが枯れるまで、周回しまくってました。

その間は放置して、ずっと漫画読んでた。楽チンです。

 

嫌悪感を感じる方もいるかと思いますが、他人に迷惑を掛けなければ全然良いと思います。使える物は使わなくちゃ。

 

注意

あくまでも、シングルプレイで使うこと。

記録に載るものや、マルチでは使わない方が良いと思う。

 

そんなのに、金は出したくねぇ!!って方は、自作してみてはいかがでしょうか?

作り方が載っているサイトもありましたし、自分好みの物が作れそうですね。

 

 

 

とりあえず私は、周回プレイヤーの必需品だと考えます。

時間を節約して、楽したい方にオススメ。

 

ではでは読んで頂き、ありがとうございました。 

リレータッチボード(ドライバ有り)

リレータッチボード(ドライバ有り)

 
リード線付リレータッチボード(ドライバ有り)