隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

 

劇場版 幼女戦記感想 血の涙を流しながら立ち向かうメアリー・スーは美しい 

f:id:Baskerville:20190209025431p:image

幼女戦記が2017年3月のアニメ終了から約2年の時を経て、「幼女の皮を被った化け物、ターニャ・デグレチャフ」が帰ってきた。

相変わらず、戦場で光る碧眼が美しい。


アニメ第12話では、最後の最後で終戦のチャンスを逃し、フランソワ共和国残党に徹底抗戦を宣言され、更なる戦争へと突入してゆく。


そして最後はターニャによる存在X(神)への宣戦布告と共に、劇場版へ・・・

 

憎悪の火は、全て消し去らねばならない。

 

  

劇場版 幼女戦記 感想↓

第二〇三魔導大隊のターニャ(悠木碧)始め、ヴィーシャや各中隊長・隊員による映画鑑賞上での注意から幕を開ける。

ミニアニメの「ようじょしぇんき」の様な可愛いキャラクター達が、物騒な言葉を交えてのアナウンス。

ここから「劇場版 幼女戦記」は始まっています。

 

上映時間には一時も遅れずに、座席に着席しましょう。

f:id:Baskerville:20190209003513p:plain

 

周りが敵だらけの帝国。(ターニャは帝国軍人)

最初はフランソワ共和国との戦闘から。ド・ルーゴ率いる敵軍の策にハマるも、敵本拠地を直接叩くというゴリ押しで、華麗に勝利をもぎ取ります。

しかしここの戦闘シーンは、全体で見たらほんの軽いジャブ。

f:id:Baskerville:20190209005954p:plain

 

最初から迫力満点の戦闘シーンでしたが、これは約2年ぶりのご挨拶という事で。

f:id:Baskerville:20190209010251p:plain
f:id:Baskerville:20190209010311p:plain
f:id:Baskerville:20190209010305p:plain

 

協商連合との戦闘はここで終わりましたが、本当に第二〇三魔導大隊が終始、敵を蹂躙するシーンの連続。

敵の策にハマったハズなのに「蹂躙」という言葉しか出てこない。

YouTubeに冒頭3分間の動画が公開されました

 

しかし全体を通しても、とにかく戦闘が多かった。絶えず弾が飛んでいる。

舞台が戦争だから当然と言えば当然なのだが、大体の作品が大半を戦闘などで占めてしまうと、嫌になってしまうものだと思う。

だが、この映画ではそんな事は全く無い。皆無と言ってもいい。

 

戦闘シーンの合間にある、丁度いいタイミングでの政治のシーンや、

敵(ルーシー連邦)の首都を爆撃で陥落させてからの、帝国の国旗を持って凱旋し、国家斉唱するという思い切りの良さも忘れない。

監督の上村奏さんと、脚本家の猪原健太さんのセンスが光り、観ている私達を飽きさせてくれない。

f:id:Baskerville:20190209025500p:image

 

メアリー・スー

そして今回の「劇場版 幼女戦記」で話の核となるメアリー・スー(戸松遥)

父をターニャに殺され、更には父にプレゼントした機関銃を奪われた。

f:id:Baskerville:20190209002824p:plain
f:id:Baskerville:20190209002830p:plain
f:id:Baskerville:20190209002837p:plain

アニメ版でそれが理由から、復讐の念に燃えるメアリーのシーンがありましたよね。

そんな彼女が成長して義勇兵に志願し、映画では多国籍軍の第42飛行師団として、怨敵のターニャと再び相まみえる事となりました。

f:id:Baskerville:20190209010007p:plain

元々持っている底知れない魔力と、存在X(神)への祈りによって、金色に変わる瞳。

とんでもない程の迫力と、破壊力満点の攻撃を繰り出し、ターニャを襲う。(名前は光学兵器で合ってるかな?)

 

空戦で空を飛びまわったり、銃撃時のSEには臨場感も合わさり鳥肌が立つものがあった。

だが更にメアリーの砲撃時のSEは独特な音が最高で、それが本当にかっこよかった。

 

メアリーは目に狂気を宿しターニャとの戦闘中、常に瞳孔が開きっぱなし・・・。

最後のシーンで、燃え盛る炎をバックに血の涙を流しながら、ターニャへと立ち向かう姿には、狂気を超えて美しさを感じた。

そして復讐に駆られ、もがくメアリーの姿に感動すら覚えた。

戸松遥さんの演技も脱帽ものです。

 

そんで、あんだけ弾を喰らって死亡せずに生きていたんだから、まだ彼女の復讐の炎は燃え尽きていない様ですね。

流れを考えれば生きているのが不思議で、あのまま死んでいたら綺麗に纏まっていたとは思う。

だが、生きていて嬉しい気持ちもあるから少し複雑な気分・・・。

 

命令を無視したり、かなりの感情型なキャラで、「軍人としてどうなの?」と言われてしまえば何も言い返す事ができないが、私個人としてはメアリー・スーというキャラクターが大好きである。上官のドレイクさんの苦労が計り知れない)

是非とも、スピンオフとかで彼女を描いてくれたら嬉しいです。

 

あと最後に、メアリーがマリア像?石像に向かって微笑んだのは何故なのでしょうか?考察した方がいたらぜひ、教えて下さい・・・。

 

 

エンディングでは、ターニャは前線から遠ざかり、後方部隊(支援系?)へ。

ターニャはそれが嬉しくて嬉しくて、嗤っちゃって嗤っちゃって・・・。

f:id:Baskerville:20190208193845j:plain

そしてアニメ、エンディングテーマの悠木碧さんが歌う「Los! Los! Los!」 が流れる。

ここ一連の流れと「Los! Los! Los!」 が流れ出してから、本能的に鳥肌が立ちました。いつ、何度聴いても神曲ですなぁ。

曲が明けて、でもやっぱり最後はまたいつもと同じオチになりましたとさ・・・。

 

そういえば、新設のサラマンダー部隊を束ねる事にもなりましたね。

 

主題歌はMYTH & ROI「Remembrance」。

静寂な雰囲気のメロディーが凄く好き。サントラを買う事に決めました。

 

最後にまとめると、「劇場版 幼女戦記」は普通に面白い。

ターニャ「映画を観に行く他に道はない。それだけです!」

正しくその通りである。

 

公開劇場 一覧

劇場版 幼女戦記 -上映劇場-

 

週替わり特典

 

ねんどろいど 幼女戦記 ターニャ・デグレチャフ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

 

 では読んで頂き、ありがとうございました。

面白かったので、2週目以降も観に行く予定です。

www.kakure-otaku.com

 

 

劇場版「幼女戦記」アニメ公式サイト