隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

 

私に天使が舞い降りた(わたてん)3話感想 ひなたスキスキ大スキーッ!!! 【アニメ】


(空虚△)(誇らしげ✓)(ドヤ顔ω)

 f:id:Baskerville:20190123074249p:plain

「みゃーねぇ!」「みゃーねぇ!!」

 

星野ひなた(長江里加)の声が一日経っても、頭の中でこだましている。

第3話では、星野ひなたがメインヒロイン。よく笑い、よく遊び、良いひなた。
彼女の魅力は1,2話で充分に分かっているつもりでしたが、全然甘かった様です。

 

みゃー姉の事が「大好き」を越えて、「超大好き」
構ってくれなくて拗ねたりもしちゃうけど、彼女はすごーく素直。
素直な女の子っていいよね。

 

私に天使が舞い降りた3話感想 ↓ 

 f:id:Baskerville:20190114153954p:plain

3話では新キャラの子が2人登場しました。
2話の次回予告から最初は、新キャラ2人を中心としたお話になると思っていましたが、顔見せ程度の登場でしたne。

種村小依(こより)声優は大和田仁美さん。小之森夏音(かのん)声優大空直美さん。

やる気が空回りしてしまうタイプに見える小依と、しっかりした雰囲気がある夏音。 

f:id:Baskerville:20190123074307p:plain

彼女達を中心としたお話は、まだまだ先の様です。

 

Aパートでは、学校の授業で「みゃー姉」を題材とした「みゃー姉すごろく」を作る事となった。題材は、我らがひなたの一声で‘‘それ‘‘に決まりました。 

 

f:id:Baskerville:20190123074324p:plain
f:id:Baskerville:20190123074417p:plain
f:id:Baskerville:20190123074340p:plain

さっそく家に持ち帰り遊ぶ。

内容は、指示マスにとまった子がみゃー姉に、それを実行するという物。

花がハグのマスにとまった際の「ハァハァ」と、迫る不審者感MAXのみゃー姉に若干引きつつも、3人の可愛らしさに癒されていきます。(花にビンタされていましたね)

f:id:Baskerville:20190123074352p:plain
f:id:Baskerville:20190123074302p:plain

 Bパートへ繋がる、みやことひなたの伏線を少しずつ出していきながらも、ほのぼのとした雰囲気で進行していきます。

 

そのBパート。

学校が終わり下校シーン。全力で遊ぶひなた、まだ○学生なのに自分の魅力を知っている乃愛、礼儀正しい花と、見所はたくさんあります。

しかし、乃愛が成長していったらどんな女性になるのか?彼女の可愛さには末恐ろしいものがあると思う。ω口も相変わらずカワイイ。

f:id:Baskerville:20190123074335p:plain
f:id:Baskerville:20190123074319p:plain

 協力してもらったのが男ではなくて、女性で本当に良かったと思う。ほんと。

 

そして家について、お菓子を餌にした定例撮影会。

コスプレは花と乃愛の分しかない。

更に、ひなたはみゃー姉が構ってくれなくて拗ねてしまう・・・。

f:id:Baskerville:20190123074232p:plain
f:id:Baskerville:20190123074227p:plain
f:id:Baskerville:20190123074408p:plain

 

「みゃーねぇの社会不適合者~!!」 

f:id:Baskerville:20190123074434p:plain

草。

しかしこの娘、ほんとよく走る。落ち着きがないとかの意味ではなく、きっと何事にも全力なのだろう。(かわいい)

 

その後の回想を交えた仲直りも必見であります。

f:id:Baskerville:20190123074255p:plain
f:id:Baskerville:20190123074244p:plain

素直に理由を話すひなたにも、本当に純粋で性格が良すぎる子だと思う。おまけに可愛いときた。

だから、「星野ひなた」は天使で間違いない。(断言)

 

今回の第3話も1週間分の癒しを無事、摂取する事に成功しました。これでまた1週間頑張れそうです。放送までスタンバイしていた甲斐がありました。

でも少し残念だったのは、今週の花のダサい私服を見れなかったことかな。

 

 

ではでは読んで頂き、ありがとうございました。 

 

www.kakure-otaku.com