隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

緋弾のアリア1巻感想 性的興奮で覚醒する主人公 遠山キンジ 

 

緋弾のアリア1巻ネタバレ感想↓

 2008年8月25日刊行

 

MF文庫J オフィシャルサイト(2008年)

 

神埼・H・アリアについて

まず最初に言いたい事は、

アニメ化したら間違いなく、アリアの声優はくぎゅ(釘宮理恵)だわ・・・。(確信)

アリアに対してのイメージはルイズ。アリアは暴力的なツンツンデレだろうが。作中の「うるさい!うるさい!」という台詞からは、シャナにも彷彿させる。

 

くぎゅ、じゃなければ誰がアリアをやるんだい?

緋弾のアリア (MF文庫J)

ゆずソフト・こぶいちさんのイラストで表紙を飾った世にも珍しい、えんじ色のセーラー服を纏った少女。この子がヒロインのアリア

彼女は貧乳がコンプレックスらしいが、身長(142㎝)や体形を見る限りだと妥当だと思います。胸囲含めて、これからの成長に期待ですね。

 

表紙ではおへそがチラリと、なかなかカワイイのだが、物騒な事にガバメント(M1911A1)を両手持ち。脱臼しちゃわないの・・・?

軍からの「1発でも、敵の動きを止められるだけの威力がほしい」という要望に基づき、ジョン・ブローニングが考案した、.45ACP(.45Auto Colt Pistol)という大口径弾を使用するM1911は、そのストッピング・パワーの高さから信頼された。

M1911 - Wikipedia

あと、キャラクター紹介のアリアはムチムチしていてたまらんよ。マジで。超必見です。

  

さて、なぜ女子高生が拳銃を持っているのか?

そう。彼女は何を隠そう「武装探偵」。略して「武偵」なのだ。そして東京武偵高校に在学する、即ち武偵は帯銃が義務付けられており、武力・頭脳を用いて任務に当たる「何でも屋」なのである。

 

武装探偵らしいですが、1巻を読んだ限りでは、探偵要素少なめかな?

チャリジャック、バスジャック、航空機ハイジャックと、アクションが多めです。武偵とは、武力絡みの解決がメインなイメージ。一応、武偵高の学部で探偵科があるみたいですし、アリアに限っては、ミドルネームが「ホームズ」なんですが・・・。

しかし、そのアリアも推理と言うより、野生的な直感を信じる傾向があります。

 

とりあえず、表紙のアリアの可愛さから手に取る方が多いのでは?

 

星伽白雪 ・峰理子・レキについて

 

f:id:Baskerville:20190107225232p:plain
f:id:Baskerville:20190107225224p:plain

(C)赤松中学 出典:緋弾のアリア

㈱メディアファクトリー  http://www.mediafactory.co.jp/ 

星伽白雪

武装巫女というパワーワードを引っさげて、大和撫子系ヒロインが登場しました!

家事なら何でもござれで女子力が高い。が、主人公の遠山キンジ絡みの話になると、我を忘れてしまうようである。つまりヤンデレ。ヤンデレ状態の時は黒雪と呼んであげて下さい。

彼女は読者人気が高いのではないでしょうか?ヤンデレだけど一途な気持ち。破壊力抜群なプロポーション。慎ましくも、時には大胆な性格。と、リアルに居ても人気に違いないだろう。幼馴染という点もポイントが高い。

巻末の黒雪闇パワー爆発の続きをどう収集つけるのか?2巻が気になりますな。

 

峰理子

 

ヒロインに見せかけた、武偵殺しの黒幕。ちなみに超能力を使う。

しかしこの子の魅力は何だ???最初はバカ理子と言われる程の性格をしていたのだが、態度がいきなり豹変して感情が爆発するのがいい。普段はバカ理子を演じているだけで、中々の切れ者。

理子は自分の定めた宿命にもがく姿がカッコいい。ビッチだけど。

そしてアリア、キンジ共に母親の件や、お兄さんの件が彼女と関係していたりと、深い因縁がありそうだ。敵で終わるのは勿体ない女の子。

 

ロボットレキ

 

「私は一発の銃弾」。この台詞は、レキがターゲットを撃つ前のクセ。

走行中のバスに取り付けられた爆弾を、ヘリから正確に撃ち落としたりと、チート臭がプンプンする。武偵のSランクは化け物揃いですな。アリア然り、入学時のキンジ然り。

彼女は無口キャラだが、それがスナイパーという役職に上手くマッチしている。P155の挿し絵が相まって、プロフェッショナル感が凄まじい・・・。

ゴルゴかな?

 

画像の武藤は、カラっとした性格のいい奴。友達に欲しい。  

 

 f:id:Baskerville:20190107230627j:plain

(C)赤松中学 出典:緋弾のアリア

㈱メディアファクトリー  http://www.mediafactory.co.jp/ 
 

まとめ感想

1巻で気になった点をいくつか。

 

  • 今後、この物語の大切な鍵になりそうな「ヒステリアモード」。

遠山キンジの特異体質。性的興奮を引き金に、常人の30倍の能力を得られるモード。

しかしデメリットもある。女性に対して歯が浮くキザな台詞を言ったりする所が、少々のデメリットか。このキザな所と、お兄さんがヒステリアモードで破滅した事を考えれば、なぜ彼がこれを自制するのか良く分かる。

しかし、ヒステリアモード時の彼の活躍は読んでいて気持ちがいい。冴えわたる頭脳に、超人的な能力とか。せっかくSランクだったのに、故意にEランクに落とすのは勿体ないよキンちゃん!!!

そしてつまり、ヒステリアモードになればなるほど、読者に対してヒロインのサービスシーンが増えるワケですね!分かります!!!フヒヒヒ

 

  • アリアとキンジは逆の道を走っている事。

アリアの母親は謎の組織、「イ・ウー」に罪状をスケープゴートされた。その懲役は864年分。そんな母親の無実を証明し、母親を助け出す為に死に物狂いで頑張らなければいけないアリア。対してキンジは、お兄さんの件で武偵に嫌気を指して、普通の高校生になるべく、アリアとは逆の道を全力疾走してる事。

読者目線でも、アリアとは良いパートナーなのに、ネガティブな目標があるのが悲しい・・・。彼には武偵を辞めてほしくない。

 

  • ストーリーのテンポの早さが目まぐるしい

展開が物凄く早い。緊迫したシーンが終わったかと思えば、日常パートを挟んで、もう次の手に汗握るシーンがやってくる。グダグダした展開が皆無で、間の日常パートでも何気ない一言が伏線になっていたりと、一瞬たりとも目を離せない。

 

  •  こぶいちさんの絵で面白さ倍増!

線が太くて、イラストの女の子達の可愛さにクラクラしてくる。

アリア、理子、レキのイラストはもちろんですが、中でも大注目は白雪。制服姿の初お披露目挿し絵は、色々な意味でヤバイ。(こりゃ人気出るわけだわ)

 

 

さて、ざっと気になる所を挙げましたが、まだまだあるんですよね。

誰でも知っている歴史上の人物の子孫の事や、峰理子が使った超能力、題名の「緋弾」が登場しなかったがどういう意味なのか?、細かな匂いまで伝わってきそうな お色気シーンとヒステリアモードについてなどなど。

しかしこれから深く言及されていったり、2巻以降から明かされる新事実もあるのではないでしょうか?

リアルなお色気シーンについてはイラストも併せて、ご自分の目で確かめて下さい。(アリアムチムチヤバイよ) 

 

 

次の「緋弾のアリア」2巻は、2008年12月25日に発売する模様。

赤松サンタからのクリスマスプレゼントですね☆

 

ではでは読んで頂き、ありがとうございました。

 

GO FOR THE NEXT!!

 

 

www.kakure-otaku.com

 

 

www.kakure-otaku.com

 

 

緋弾のアリア (MF文庫J)

緋弾のアリア (MF文庫J)