隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

 

ーおすすめ記事ー
  

青春ブタ野郎13話感想 続編の映画は牧之原翔子がメインヒロインで合ってますか?

終わってしまいました。

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」。

f:id:Baskerville:20190101055545p:image

前回の12話は梓川かえで梓川花楓になってしまった。お兄ちゃん(咲太)の事が好きで好きでたまらない、甘えん坊のかえで。少し生意気で、かえでより落ち着いた雰囲気が漂う花楓。

どちらも本人には変わりないが、性格が全然違う。

記憶が無くなった後と、無くなる前。

 

かえで編は11話から続く3話目で、やはりと言いますか、根本的な解決をし、円満で終わる事はありませんでした。続きは劇場版ですね。

え?かえで編の続きもやるよね???

 

f:id:Baskerville:20190101053622p:image

記憶が戻ってかえでが花楓になり、そしてかえでの2年間の記憶が消えてしまった。その事実に視聴者と同じく動揺する咲太。大雨の中、病院を飛び出します。

f:id:Baskerville:20190101053642p:image

側から見ても弱り切っている。そこに傘を持つ人影が現れ、咲太を傘に入れる。

牧之原翔子だ。(高校生)

 

彼女は過去にも、咲太が弱っている時に現れました。その現れた時の状況もかえで(花楓)絡みでしたね。

さて、牧之原翔子とは一体何者なのか。

咲太しか見た事のない存在であり、中学生の牧之原翔子の謎も残す。しかし素性がまったく知れない。

咲太が作り出した存在で、咲太にしか見えないのか?けれど中学生の牧之原翔子は確実に存在する。

それとも線が薄いが、かえでが作り出した存在なのか?考えても、いまいちピンと来るものが無いが、彼女の存在が、弱っている咲太の支えになっているのは間違いない。

 

f:id:Baskerville:20190101053706p:image

翔子さんの朗読で振り返る、梓川かえでの総集編。

今までのかえで+αの思い出が次々と咲太に溢れ出す。受け止めきれない分が涙として溢れ出ていく。

f:id:Baskerville:20190101053732p:image

 

咲太にとっては同じ妹であるのに、人格が変わってしまうと、こうも変わるのか。と思った。

しかし前回感想、この記事の前述でも何度も書いたが、梓川かえでと梓川花楓。同じ様でも、全く異なる人間なのだと、私たち視聴者も認識してもいいかもしれないと思う。

そうすれば、咲太の苦しみの理解にも一歩近づけるはず。

 

その後の麻衣さんは少し割愛。

咲太の状況も理解があるが、その色々な想いが嫉妬と混ざり合ってしまった。

嫉妬がリアルな感じもしましたが、決してそれだけの感情ではないはず。

 

最後は少々駆け足で物語は進みます。

花楓も無事退院して、かえでの日記を手に取る。そして劇場版へと続くのですかね?

f:id:Baskerville:20190101060825p:image

 

EDテーマ「不思議のカルテ」

最終話ではヒロイン全員で歌います。サビのハモりが綺麗で美しい。「美しい」という単純な感想しか出てこないが、すんごく美しい。今期アニメのEDテーマで1番好き。

桜島麻衣、古賀朋絵、双葉理央、豊浜のどか、梓川かえで、牧之原翔子で歌う。

 

そして最後に、牧之原翔子のカットインで幕を閉じる、アニメ「青春ブタ野郎」なのであった・・・。

 

劇場版「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」2019年初夏公開予定みたい。(なげぇ・・・)

メインヒロインは牧之原翔子でいいよね・・・?

 

 

真剣に先が長すぎて気が狂いそうです。

原作も買いましたが、映画を観るまでは読まないと決めました。とりあえず、目の前の誘惑(原作ネタバレ)と戦いながら待つとします。

 

ではでは読んで頂き、ありがとうございました。