隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

ゾンビランドサガ12話感想 ウジウジさくらの覚醒と今後のフランシュシュ(2018年アニメ覇権確定!!)

f:id:Baskerville:20181221022921p:plain

ついに終わってしまった、ゾンビランドサガ12話。(最終話)
しかし最初の方から2期を前提とした構成だったので、最終話が終わったけど、今現在で「覇権だ!覇権だ!」と言ってしまうのはナンセンスかもしれません。

恐らく続編が確定している状態でゾンビランドサガが、記憶に残る名作かどうかの評価をするのはまだ早いと思う。

2019年1月14日追記

2018年度のアニメ、覇権が確定した模様。

 

しゅ、しゅごい・・・/// 

 

そしてほぼ約束された続編。


実際には2期でやるのか、OVAでやるのか、飛躍させて映画でやるのかアナウンスされていませんが、確実に続編があると考えても良いでしょう。
回収されていないたくさんの伏線が12話で更に増えました。

 

  • 伝説の山田たえ
  • ゆうぎり姉さんの過去
  • ゆうぎり姉さんを知るマスター
  • 純子・愛・リリィを見て何か感じる記者
  • 学生時代の幸太郎とさくら

などなど。

アニメ2期目でいいですよ。待ちますよ。(要望)

 

個人的に注目していた事は、誰がさくらを2度轢いたのか。(おそらく同一人物)
当初の予想だと、7話で順子を幸太郎が轢いてしまった時に、生前のさくらもやってしまった可能性が出てきたと少し思いました。
生前に幸太郎がさくらを殺してしまい、手に持つ履歴書から罪滅ぼしの為にゾンビとして生き返らせて、アイドルを目指させたのかな?と。
(それが理由だったら実際には嫌だけどね)

f:id:Baskerville:20181221022941p:plain

しかしそれだと、12話で学生時代の回想に説明がつかないのでおそらく無いでしょう。細かい設定を考えれば、同学年で登校時に車を運転しているのはありえない
とか色々説明がつきますが、このアニメがそんな細かい事を考えているとは思えないので、それもまた無いでしょう。(明らかにされない可能性大)

f:id:Baskerville:20181221022937p:plain
f:id:Baskerville:20181221022933p:plain

 

 

ゾンビランドサガ最終話感想↓ 

 11話から続いて、まだまだ卑屈なさくらちゃん。 

 

「前回のゾンビランドサガは~↑」で始まるナレーションにも元気がありません。

早くネガティブから脱してほしいけど、これまでの純粋無垢のような優しいさくらとのギャップなのか分からないけど、ジト目にゾクゾクした私。

f:id:Baskerville:20181221022728p:plain


最初はそんなゾクゾクさくらと、 奮起させる為に頑張るメンバー達の話が主でしたね。

しかし熱いメンバー達と裏腹にさくらは冷めている。好きなキャラクターだからこそ、卑屈な言葉を吐き出す度に悲しくなりました。

早く天使な頃のさくらに戻って欲しいと何度思ったことか。

 

f:id:Baskerville:20181221022826p:plain
f:id:Baskerville:20181221022903p:plain

見所は何と言ってもやはり、山田たえの感情でしょうか。ゆうぎり姉さんのビンタは今回も光っていましたが、それ以上に山田たえ。

「お!?遂に喋るのか!?」身構えましたが、最後まで覚醒せず。
もうここまできたら続編も喋らないですね(笑)このままで貫いて欲しい。

しかし「ガゥ」「アゥゥ」というような台詞のみで言葉を発しないのに、どうして彼女の感情が伝わってくるのか。
いつもに比べ表情豊かなたえちゃんでしたが、頑張るたえ、悲しいたえ、必死なたえ、嬉しいたえが表情以上に伝わってきました。
彼女の行動に心打たれつつも、三石琴乃さんの演技に改めて脱帽しました。

f:id:Baskerville:20181221022813p:plain

 

 

 

そしてさくらも半分団結。

 アルピノのライブ当日を迎えます。

f:id:Baskerville:20181221022733p:plain

 

ライブ当日は豪雪。交通機関も止まってしまった・・・。

客足が心配されましたが、なんと会場は満員御礼。古参のデスファンを始めとする、様々なキャラが足を運びます。(ドライブイン鳥の花輪も)

 

ライブが始まりますが、降雪により大トラブル。7話のライブ中の落雷にも似ている。ステージも全壊してしまった。 

さくらは「やっぱり私は・・・」と呟く。

ここのさくらの絶望した表情に絶望する私・・・。(頼むから笑ってクレメンス)

 

しかしフランシュシュは諦めない。メロディーが止まってしまっても、立ち上がり歌い続けるメンバー達。それにさくらは顔を上げる。

ようやく源さくらが、ほんとの本当に覚醒したのだ。(よかったよかった)

 

f:id:Baskerville:20181221022914p:plain
f:id:Baskerville:20181221022853p:plain
f:id:Baskerville:20181221022738p:plain

「ヨミガエレ」が始まります。(2話のラップ前に老人に披露していた曲)

ちゃんと披露できてよかったね。

続いて、新曲の「FLAGをはためかせろ」。

爽やかな曲で、聴いていて気持ちがいい。ダンスもリズムと合って、変なクセがある。

この2曲を私は何度リピートしただろうか?

「目覚めreturner」もそうですが、新曲をappストアとかで発売されませんかね?歌詞も覚えてノリノリで歌いたい。

 

 

ライブ中は自然とさくらを目で追ってしまう。 生き生きとした表情で光り輝いている。ここ最近の彼女の卑屈さが嘘のようだ。

やっぱり源さくらはこうでなくちゃね。

f:id:Baskerville:20181221023010p:plain


 

 

そして大盛況でライブが終了し、その後の意味深なシーンで最終話は終わります。 

Twitterでも「引き続き」と続編が明言されていますし、2期、OVA、映画。何か分かりませんが続報を待ちましょうか。

とりあえず、2018秋アニメの「ゾンビランドサガ」感想を終わります。

※全体の感想はまだまだ書きません。 

 

ゾンビランドサガ各話感想↓ 

  

 

軽トラに轢かれて始まった衝撃の佐賀アニメ第1話。 

www.kakure-otaku.com

 

第2話の病み付きラップが忘れられねぇYO! 

www.kakure-otaku.com

 

 

まだまだトゲトゲしていた頃の愛ちゃんもカワイイ第3話。

www.kakure-otaku.com

 

 

サガンシップZって実在すんの?第4話。

 

書き忘れ。

 

 

ドライブイン鳥、ガタリンピックと聖地巡礼する第5話。 

www.kakure-otaku.com

 

 

紺野順子の死因に注目が集まったシリアス回の第6話。

www.kakure-otaku.com

 

 

第7話は伝説の神回。視聴者も盛り上がった「目覚めreturner」

www.kakure-otaku.com

 

 

これもまた神回。リリィと父親の親子愛が美しい第8話。(カワイイよまさお)

www.kakure-otaku.com

 

 

「!」「!?」が少しクドかった第9話も夜露死苦!

www.kakure-otaku.com

 

 

第10話から源さくらが気になり始めた。 

www.kakure-otaku.com

 

 

幸太郎とさくらの言葉の掛け合いは必見な第11話。

www.kakure-otaku.com

 

 

 終わりで始まりの第12話。

 

この記事。

 

 

 

 ではでは読んで頂き、ありがとうございました。

 ゾンビランドサガ フランシュシュ Tシャツ ブラック XLサイズ

ゾンビランドサガ フランシュシュ Tシャツ ブラック XLサイズ