隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

 

ーおすすめ記事ー
  

青春ブタ野郎11話感想 健気な梓川かえでに心打たれた萌ブタ野郎

差出人”「牧之原翔子」。

何て綺麗な字なんだろうか。「翔子さんより」で締めくくられた手紙にドキドキした視聴者は、私だけでは無いハズ・・・!

f:id:Baskerville:20181217072016p:plain

 

七里ヶ浜に向かったけれど、結局会えずじまい。

彼女が出来た事だけ報告して帰路に着きましたが、毎話ごとに「牧之原翔子」について情報を小出しされているので、劇場版をやる為に「青春ブタ野郎」がアニメ化されたような気がしてなりません。予告編を観た限り私はそう感じました。

というか、劇場版は牧之原翔子編って事でいいんですよね??

 

酷く切なく、感動しそうな予感がしますし、映画館で泣きたいから、原作を買ったけれども結局手を付けていないんですよね(笑)

f:id:Baskerville:20181217072027p:plain
f:id:Baskerville:20181217072051p:plain

 

 

青春ブタ野郎 梓川かえで編、前編?感想↓ 

f:id:Baskerville:20181217071942p:plain
f:id:Baskerville:20181217072106p:plain

「かえでの今年の目標」

心の傷によって人と接するのが恐く、外に出るのが恐いかえで。しかしこのままでは良くないと、自ら目標を設定する。

お兄ちゃん絡みばかりで咲太に嫉妬しつつも、最後の目標に注目。

 

  •  学校へ行く

f:id:Baskerville:20181217072059p:plain

あ・・・。何???
Aパートの半分も過ぎてないのに泣きそうな僕。 

傷つくのが恐い。しかし、ずっとこのままでいる方がもっと恐い。確かに慣れている事を続けていく方が、楽で傷つかないかもしれない。
しかし妹ちゃんは自分を変える為に動き出したのだ。並大抵の覚悟ではないという事がひしひしと伝わってくる。「やはりあの咲太の妹か」と言ったところだ。

 

計り知れない勇気が必要だったに違いない。

f:id:Baskerville:20181217072045p:plain
f:id:Baskerville:20181217072121p:plain
f:id:Baskerville:20181217072034p:plain

これは世界一美しい涙。 

この外へ一歩踏み出した事を自覚した時に、かえでは一体何を思ったのでしょうか。

 

涙腺崩壊。

私は滅多に泣く事はなく、涙腺崩壊という言葉も大袈裟だと思っていましたが、このシーンは涙腺崩壊でした。

かえでの勇気、絶望の脱却を考えたら、もらい泣きしてしまいました。 

それからは、かえでの外に出る恐怖が薄まっていき、ひとつひとつ目標をこなすカワイイ、かえでなのであった。 

 

やはり人間、最初の一歩を踏み出すかどうかが、一番勇気が必要なんですね。 

慣れてしまえば、こっちのものだと言えるかもしれません。 

 

そして待ってました。かえでED。 

f:id:Baskerville:20181217071955p:plain
f:id:Baskerville:20181217071949p:plain

耳が幸せ。ブヒヒヒ

余談ですが、今のところ10回はリピートしました。

 

はい。 

残るは12、13話のみとなりました。

12話でかえで編完結。どんな結末になるのか予想も出来ないですが、記憶を取り戻すのか?記憶を取り戻すならば、どう克服するのかに注目したいと思います。

 

そして牧之原翔子編。

最終話から劇場版へと突入する流れではないでしょうか?

いずれにせよ、早く公開してくれないと干からびてしまうかな。

 

ではでは読んで頂き、ありがとうございました。