隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

閃乱カグラ7話感想 シノマス-全ての忍びに宣戦布告する。ついに東京妖魔篇がスタート!

戦う雪泉と不雪帰。2人は姉妹関係にある事が判明。

そしてその間には育ての親、黒影の存在がありました。 

f:id:Baskerville:20181127094827p:plain

その戦いを観戦する神楽組の面々。黒影の昔を知った口で話す神楽に対して、巫神楽三姉妹が質問する。 

「黒影のこと何か知っているの?」「どんな人だったんだ?」

 

 神楽「うーんとねー、ひと言で言うと、凄く愚かな人。」

 「言い方を変えると、すごく純粋な人。」


相変わらず、幼い容姿からは想像出来ないような事を言う。この何とも言えぬ佇まいには、毎度「ゾクリ」とさせられる。

 

そんな事を感じつつ、黒影の過去の物語へ突入です。

f:id:Baskerville:20181127094900p:plain

SV、EVで黒影の経緯は何度も触れられているので割愛。

簡単に説明すると、復讐の念と重ね合わせて悪忍を狩る。正義を胸に掲げ、逆暗黒面に堕ちてしまった黒影の前日譚。

 

ただ最後の黒影と雪泉(孫)の出会いのシーンは凄かった。 

両親を亡くし葬儀場の外でひとり遊ぶ、幼い雪泉・・・。

f:id:Baskerville:20181127094851p:plain
f:id:Baskerville:20181127094957p:plain

このシーンは、ここ最近観たアニメ全てひっくるめて一番印象に残った。

綺麗な一枚絵みたいな作画、涙を引っ張り出さされるようなBGM、泣かまいとする雪泉、心に思うのは後悔の罪滅ぼしなのか、心情を全てを見せなかった黒影。その全てが美しいと感じました。

f:id:Baskerville:20181127094811p:plain
f:id:Baskerville:20181127094906p:plain

7話現在の東京妖魔篇の中でも一番好きなシーンです。

 

 

前日譚が終わり、雪泉と不雪帰の戦いへ。

結果は「絶・秘伝忍法」を使用した雪泉が敗れてしまった。そして勝った不雪帰は妖魔を従わせ、善忍・悪忍関係なく全ての忍びへ宣戦布告したのだった。

f:id:Baskerville:20181127094912p:plain
f:id:Baskerville:20181127094939p:plain

12話でスッキリ全て終わりますかね?

微妙な感じで終わりそうだったらゲームに引き継いでもいいんやで。

 

 

そして次回予告から、主戦場が都心になりそうな模様。 まだ言葉を話す妖魔一体しか出てきていませんが、どんな敵が登場するのか楽しみです。

8話にしてやっと「閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-」が始まる気がします。(長い下味でしたね)

 

 

 では読んで頂き、ありがとうございました。