隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

青春ブタ野郎6話感想 朋絵編は切ない気持ちになる

「なるほどね。周囲に合わせる為、必死で空気を読んでいた少女は・・・気が付くと未来まで読めるようになっていたわけだ。」

 双葉の締めのひと言が、やっぱり素晴らしい。桜島麻衣編の3話の最後でも思ったが、やっぱり役者な子ですね。そしてこのひと言が、古賀朋絵編の要所を抜き出した核心です・・・。

 

6話冒頭では久しぶりのバーニー。ちなみに勉強を教わっている。フヒヒヒ

f:id:Baskerville:20181112073020p:plain

 

場面は変わり7月18日、夏休み前の終業式の日。

咲太と朋絵は、仮初の恋人期間最終日に海へ最後のデートへ行く約束をしていた。

駅で待ち合わせして海へ。2人のデートシーンは、やっぱり本物の恋人にしか見えない。見ているこっちが微笑ましくなってしまうほどに。

夕暮れの海で「いままでありがとう。」と、お別れの握手をする2人。見ていて爽やかな感じ。

 

でも私はここで油断していました。

普通に考えれば、これだけでは終わらず、何かがおこりそうと予想出来たかもしれないが、油断していた。私はのん気に、「麻衣先輩は最初に何て咲太にコメントするんだろう?」なんて考えていたが、また7月18日がループした。

f:id:Baskerville:20181112073058p:plain
f:id:Baskerville:20181112072922p:plain

2度目である。咲太を起こしに来てくれた可愛い妹。(天使)

でもその瞬間にもの凄く鳥肌が立った。完璧に予想していなかったから、その全てを理解した感覚が一気に押し寄せました。

予想できたけど、予想していなかった。

そのおかげで凄い経験をした気分です。(これから何も考えずアニメ観ようかな)

 

ラプラスの悪魔・・・。朋絵だ。

 

しかし、朋絵に聞いても知らないと言う。「今日は1回目。」シラを切っている様にも見えない。しかし、咲太には確信があったのだ・・・。

それから3度、4度繰り返す海デート。そしてついに咲太は切り出す。

f:id:Baskerville:20181112073035p:plain

 

判明したのは無自覚のループ。心の奥底では朋絵にとって、咲太は終わらせたくない夢だったのだ、繰り返して振り向かせたかったのだ。

「今日はね、先輩と楽しく最後のデートをして…嘘の恋人を笑顔で終わらせなきゃいけないの。そして先輩は…桜島先輩と上手く行って、二学期になったらあたしは…良かったねって少し意地悪く先輩をからかうんだよ」
「それで先輩と友達になるの。仲良くなんでも話せて、ちょっと甘えられる年上の友達…今までのことも、嘘の恋人ごっこ結構楽しかったねって思い出話にして、これからもずっと仲良くするんだから…」
「こんな気持ち、友達は持ってないもん…友達には無い感情だもん!」「なんで朝起きると、昨日よりも気持ちが大きくなってるの!? こんなのヒドいよ…無かったことにするって決めたのに!」

f:id:Baskerville:20181112073004p:plain

朋絵は好きと伝えるが、咲太は麻衣先輩一筋。 

切な過ぎる展開に私は放心状態・・・。

f:id:Baskerville:20181112073053p:plain

 

 そして7月18日に決着が付き、6月27日へ戻るのだった。(!???)

懐かしい感じがする第4話へ。朋絵がやり直したのだ。ある意味豪快で思いっきりがいいですね。でもこの行動は朋絵の気持ちのけじめであると思います。

そして、冒頭の双葉の締めへ・・・。

 

6月27日に確定していた告白の成功。無事、咲太と麻衣は付き合う事に。

f:id:Baskerville:20181112072917p:plain

このシーン絵になりますね。 ほっぺというのが麻衣らしい気がします。

 

f:id:Baskerville:20181112072906p:plain

おそらく次の思春期症候群の子。名前は牧之原翔子。

この子がどういう子なのかわかりませんが、7話目も楽しみですね。妹ちゃんと同じ制服っぽい気がしますが、中学生かな?

www.kakure-otaku.com

 

 

では読んで頂き、ありがとうございました。