隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

ゾンビランドサガ6話感想 リアルなゾンビ模様

ノリと勢いがピカイチと話題のゾンビランドサガ

6話目にしてシリアス回でしたが、いつものテンションは抑えてキャラ達の過去、心情が知れる箸休め的なギャップある話でした。

 

6話も毎度おなじみ、幸太郎の小芝居から始まります。

f:id:Baskerville:20181109144432p:plain
f:id:Baskerville:20181109144420p:plain

(ゆうぎり姉さんの冷めた感じで見てるのすき)

 

 

f:id:Baskerville:20181109165509p:plain

「昭和のスター、伝説のアイドル紺野純子」と「平成の有名人、伝説のアイドル水野愛」が持つ、それぞれのアイドル像の食い違いによって2人は対立してしまいました。

なだめる他のメンバー達も加えて、リアルに展開する人間模様ならぬ、ゾンビ模様。

 

f:id:Baskerville:20181109144742p:plain

お茶の間とブラウン管の中とで、明確な境界線がある。見てくれている人達とアイドルは一緒に成長してはいけない。少しずつ積み重ね、100%の中で120%を求める昭和のアイドル。

 

f:id:Baskerville:20181109144450p:plain

ファンと一緒に成長していくアイドルもある。不完全でも、とりあえず大勢の人達に認知して貰わなければいけないし、拡散するツールも溢れている。露出を求め、ファンと距離を近めて更なる魅力を知ってもらう平成のアイドル。

 

普通ならば絶対に、意見が交わる事が無い時代の2人の現役アイドル観。純子が指すアイドル像には、昔の松田聖子さんが思い浮かびます。当時の映像をテレビなどで観ただけですがオーラがあり、とても上品でお淑やかなイメージ。

そもそも80年代アイドルは振り付け控えめの、歌唱力に特化している気がします。

 

変わって平成アイドルは距離が近いイメージ。やはりピンとくるのはAKB48でしょうか。握手会や(私も昔、大島優子とたかみなと握手したよ)チェキ会などなど。純子ブロマイドと言っていましたね。

会いに行けるアイドル。それがAKBに限らず現代のイメージ。

個人個人では、総合力の魅力が必要な時代なのかな・・・?SNSなども発達していますし、アピールできる場が多いですね。

※アイドルオタクではないオタクが考えるイメージ。

 

6話で純子の死因が判明しました。( 飛行機事故と我が生涯に・・・。

他にやっぱり気になるのは、ゆうぎり姉さんとリリィ。首に繋ぎ目があったり、心臓が飛び出ていたり・・・。さくらたえはまだまだ謎に包まれております・・・。

しかし、とことんシリアス回でした。こういう回があるからこそ、彼女らに感情移入する事が出来るし、アニメが終わった後でも記憶に残ると思います。f:id:Baskerville:20181109144500p:plain

 

・・・。「あれ?もう終わっちゃうの・・・? 」あっという間のシリアス回でした。こんなにアニメの1話が短く感じたのも久しぶりな感じがします。

次回へのヒキも、最高に気になる展開で終わりました。

面白いだけではなく、リアルなゾンビ模様に注目、設定がぶっ飛んでいても真剣な熱さに大注目なアニメです。

 

では読んで頂き、ありがとうございました。(フランシュシュのTシャツ欲しい) 

 

www.kakure-otaku.com