隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

緋弾のアリア29巻感想 ミザリーは隠れオタク!プラトニックなヒロイン爆誕

こんにちは~。まず感想の前に・・・、

緋弾のアリア10周年おめでとーう!!

 

いやはや、凄いですね。なかなかの大長作です。

赤松先生は日本を代表する、ライトノベル作家の1人と言っても過言ではないでしょう。私は一生ついていきます!

さあ、10周年を迎えた緋弾のアリア29巻の表紙を飾ったのは今作のメインヒロインのアリア!

28巻の巻末から、カナに続く2人目の女装男子(クロメーテル)が表紙を飾ると思っていましたが、10周年記念巻だから、アリアで決まったそうです。

 

 そんな表紙を飾ったアリアですが、ここで1巻(作中で1年半前)のアリアと見比べてみましょう。

 

1巻

緋弾のアリア (MF文庫J)

29巻

緋弾のアリアXXIX 盟約の諜侯 (MF文庫J)

 

ちなみに、初のローアングルカットです!!!

幼さが消えて武偵高では閻魔の3年と呼ばれるに相応しい貫禄が出てきました。可愛いアリアからカッコいいアリアへと、凛々しく成長しました。そして1巻ではガバメントの双銃で、10周年では日本刀の双剣。何か感慨深いものがあります・・・。

あと、ローアングルからだと胸も成長した様に見えますね!

 

ミニポスターは理子の部屋着姿と、裏面はクロメーテルのブレザー姿のポスターになっております。

しかし、キンジはクロメーテルに女装する時に、作中で書かれていませんでしたが、カラコンを入れてる様ですね。元々は黒と茶色か少しクリーム色の瞳ですが、クロメーテルの時は、アリアより少し暗めな緋色の瞳をしております。

 

キンジ

f:id:Baskerville:20180826204327j:plain

 

クロちゃん

f:id:Baskerville:20180826204331j:plain

 

ギガぞう - 速度制限対策アプリ

ギガぞう - 速度制限対策アプリ

無料posted withアプリーチ

 

29巻ネタバレ感想↓

 

 

28巻の巻末で女子高へと女装姿で潜入する事となったキンジ。

29巻の最初で妹のかなめ、かなでから白雪のような母性溢れる雰囲気がする気がしてたフラグの回収がされていました。Twitterでは最初の方だけの試し読みをした人達のネタバレ大会らしかったので、覗かなくて正解でした。

 

しかし、てっきり白雪と2人で潜入して、白雪が29巻のメインヒロインになるとばかり思っていましたが、ここで嬉しい誤算。実際には白雪はもちろん、アリア、理子、レキも共にバスカービルチームでの潜入です!

バスカービルが出動するのは、極東戦役での香港以来でしょうか?14冊も前になります。久々の嫁`S勢ぞろいで歓喜したファンも多いのでは?

 

潜入先がお嬢様学校な女子高に潜入するにあたって、アリア、理子、レキの髪色をキンジが指摘していました。この世界でも奇抜な髪色らしいヒロイン達。バスカービルのヒロイン達の色を混ぜるとどうなるのか。

ピンク頭パツキンミント色。それに白雪のを足せば、とんでもない色になります。黒を足す時点で限りない黒色になりますが、4人の色を混ぜ合わせれば何色でも無いカオスな色になりました。

潜入捜査のミーティングでは、最初から最後まで少ししか作戦の話をせず、店を破壊してのケンカ、ケンカ、ケンカ。「あぁ、これが緋弾のアリアだ・・・。」とさえ思い、懐かしささえ感じた。やっぱりこうでなくちゃ。内容はカオスだけど。

 

しかし、キンジはクロメーテルの姿になるとヤケクソになるのか、アリアに対しての危険察知能力が散漫と低下するみたいですね。まあ口が悪い悪い(笑)それか久しぶりのバスカービルメンバー達と一緒になれて安心感があるだけなのか。

クロメーテル曰く、「私、怒ると口調が悪くなっちゃうクセがね。」だそうだ。女装するとの間違いだと思うが・・・。(金一に対してもカナの話題を出して怒られていました)

 

このミーティングのシーンで1つビックリした事がありました。キンジがクロメーテルの正体が自分だとバラした時に、レキが動揺して感情を剥き出しにしたシーンです。目を見開いてセリフを噛むとか、今までのレキからしたら考えられません。このシーンだけで600円を出して買う価値は十分にあります。必見ですね。

 

f:id:Baskerville:20180307232526j:plain

アニメで見せたレアな困り顔。(かわいい)

 

 

今回は27巻に倒したヴァルキュリヤの上役を逮捕するストーリー。しかしその者が女子高に潜伏していて、敵の正体が男か女かも分からない。

所々で様々な情報と新しい登場人物が出るのですが、その登場人物に怪しい所が沢山でてきます。私は犯人、敵(N)が誰なのか推理、予想しながら読んでいましたが、緋弾のアリアでは新しく新鮮な気がします。

小さな伏線を散りばめて、後で少しずつ回収していく。最初は協力者と思わせているだけで、校長が真犯人かと勘ぐりながら読んでいました。見当違いもいい所に、私は探偵科に向いていないようですね・・・。普通キンジの凄い観察眼は、探偵科ではあれで普通なのでしょうか?Aランクの理子とか凄まじいですね。

あと途中、レキが空気すぎ。

 

 

 そして29巻のヒロインになると思われたミザリーがまさかのキンジをヒステリアモードに変えた回数が0回という結果に。「緋弾のアリア」史上初のプラトニックな関係のヒロインの誕生です。 

29巻のみで、誰で何回ヒスったのかの結果は

リア4回、他のバスカービルメンバーが2回ずつと、アリア無双でした。

ちなみに、レキは17冊ぶり、白雪と理子は18冊ぶりという、超久しぶりな嫁`Sでのヒステリアモード化でした。(何だか嬉しい!!!)

 

これで累計、アリアが22回、理子が9回、白雪が6回、レキが4回に。

 

www.kakure-otaku.com

 

  

そして、まさかの

ミザリー隠れオタク。

私の中でベレッタと同じく一気に親近感MAX、好感度爆上げなキャラになりました。しかし、乙葉より登場シーンが少ないのが頂けない。乙葉が可愛いのは分かるが、何故!!?

ミザリーより乙葉の方がヒロインと言っても過言ではない程にグイグイきてましたね。

男も落とすの?キンちゃん!!

 

 

読んでいる途中で、私の妄想が爆発していたのですが、ミザリーはクロメーテルの事が好き(友達として)そして同一人物と気付いて無いけど、キンジの事が好き。(異性として)

私の妄想としては、最後らへんでクローメーテルが任務を終えて学校とミザリーの前から去り、悲しみに暮れるミザリー

そして、街中でキンジの横をたまたま通り過ぎる。

キンジの方は気付いて無いけど、ミザリーは、クロメーテルと似てる雰囲気を持つキンジの方へと一瞬振り返るがそのまま歩き出す・・・。的な妄想を爆発させていましたが、全然違いましたね・・・。

そもそもミザリー視点になるから無いですね・・・。

 

ミザリーは退場してしまいましたが、萌や菊代のようにキンジを追いかけて危険な世界に足を踏み入れて欲しくないです・・・。(切実)

 

f:id:Baskerville:20180826225721j:plain

 (C)赤松中学 出典:緋弾のアリアXXIX 盟約の諜侯

   ㈱メディアファクトリー  http://www.mediafactory.co.jp/ 

 

 

www.kakure-otaku.com

 

 

 

最後にキンジが女装し始めた、ベルギーに居た時から使っていたウィッグがダメになってしまいました。ミザリーはこれで正体に気付き、キンジの方からミザリーと決別したワケですが、これはキンジが「クロメーテル」というキャラクターに女装する事に対しても決別したとも取れませんか?

前々からキンジは女装する事に嫌悪感を抱いていましたし、もしかしたらもうキンジは「クロメーテル」になる事は無いんじゃないかなと予想します。 

 

29巻は28巻のような盛り上がりの起伏が少ない1冊でしたが、変わらない面白さでした。

ヒキから30巻の最初は29巻の続きですかね?

30巻が待ちきれません・・・。

 

 

 

10周年を迎えた「緋弾のアリア」。

まだまだアリアワールドは広がりを見せていて、巻末の赤松先生のコメントで、まだまだ終わらない事が明言されました(出来れば毎巻言って読者を安心させてほちぃ(白目))

しかし、衝撃の事実がありました。1巻発売当初は売れなければ、1巻で打ち切りの予定だったらしいのです・・・。

その当時、まだ私はこの作品を知りませんでしたし、そこで打ち切りになっていたらこの「緋弾のアリア」が存在していた事さえ知らなかったでしょう。

私はこの作品に出会えて良かったです。その当時買ってくれた方々、今も続けてファンの方々に、何様と思うかもしれませんがお礼を言いたい気分です。

この記事の最初でも書きましたが、赤松先生に一生ついていきます!!!(ヤンデレ)

出来れば、もっとロリを!

 

 

ではでは、ありがとうございました。

 

前28巻感想↓

 

www.kakure-otaku.com

 チアーズ!3巻感想 

www.kakure-otaku.com

 

 

GO FOR THE NEXT!!

 

緋弾のアリアXXIX 盟約の諜侯 (MF文庫J)

緋弾のアリアXXIX 盟約の諜侯 (MF文庫J)