隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

アニメ「ARIA」を視聴し終わった感想

 

 

はひーっ(¯□¯ ) !

 

この文字と顔文字を見ただけでドキドキする。ARIAの主人公、水無灯里の顔文字だからだ。

(公式)が使っているのだから間違いない。(かわいい)

 

 

 

水無灯里は観光水先案内人、ウンディーネとなる為にアクア(火星)の水の都市、ネオ・ヴェネツィアへと、やって来たマンホーム(地球)出身の女の子。この灯里の視点で物語は進む。

 結論から言うと、癒される。現代のストレス社会でボロボロに擦れた私の心は癒されたのだ。

 

ARIAを観賞していると、映し出されている画面に飛び込みたいと何度も思った。二次元の世界へと。

ゆったりと流れるBGM、ファンタジー要素もある様々なストーリー、そして何より私には水無灯里が眩しいくらい魅力的に見えた。灯里の周りでは、素敵な出来事がよく起こる。彼女の口癖も「素敵」、よく言うので印象に残る。視聴者にも彼女が感じている素敵な、素敵さが伝わってくる。

 

一切の不純が無い、まるで女神のような少女。そんな水無灯里というフィルターを通して見た世界は、こんなにも美しいのか・・・。そう思った。

 

  

f:id:Baskerville:20180802171115p:plain
      

 

 

jj  ̄□ ̄jj エー

 

 

 

私が好きな話を1つ紹介する。

テレビ未放送回・ARIA The ORIGINATION Special Navigation

「その ちょっぴり秘密の場所に・・・」より

 

灯里の働くARIAカンパニーは臨時休業。オフの灯里はアリア社長(ネコ)とおでかけ。ネオ・ヴェネツィアの街を探検したり、お昼ごはん食べたり、お買い物したり。そんな灯里の一日を追いかけたお話し。

 

f:id:Baskerville:20180802212803p:image


 

 

お昼に「キタッラ」というパスタを食べるシーン。灯里とアリア社長の席で、生地から麺へ調理してくれる料理人さん。琴の様な、弦を無数に張った箱の上に生地を乗せて、上から麺棒で伸ばす料理人さん。

 

f:id:Baskerville:20180802212637p:image

 

 

その光景を見てワクワク、ソワソワしている灯里さんとアリア社長。

 

 

f:id:Baskerville:20180802212644p:image

灯里・アリア社長「ワクワク、ワクワク」

f:id:Baskerville:20180802212706p:image

 

 

何でそんなにワクワクしているのでしょうか?

 

 

 

 料理人さん「どうぞ」

 

 

 

f:id:Baskerville:20180802212720p:image

ポロロ~ン♪

 

 

 

f:id:Baskerville:20180802212726p:image

とさっ///

 

 

 

f:id:Baskerville:20180802212745p:image

灯里「たーのーしひーっ」(楽しい)

 

 

 

 

 

ワクワクしているシーンのバックでは、Bgmが流れている。

その優しい音色が上手く映像とマッチしていて、鳥肌が立って感動した。右脳が痺れるような感覚がして、ボーッと画面をしばらく眺めていました(笑)一連のシーンはまるで白昼夢を見ているかの錯覚。

そして「たーのーしひーっ」で現実に引き戻される。灯里の顔とセリフで私は小さく吹き出す。

こんな変な感動のしかたは初めてかもしれない。私の頭の中はまるでお花畑だった

 

 

全て視聴し終わった今は、猛烈なARIAロスに襲われている。とりあえずグッズと、写真は撮ってないけど漫画買った。あと、灯里と「黄昏の姫君」こと、アリスのねんどろいどの制作が決まったみたいで嬉しいですね。藍華は・・・?

 

 

 

 

 

とりあえず観ようか迷っている方は観てみましょう。

後悔はしません、お花畑な私が保証します。 

 

 

 

 

こんなに癒されるアニメを私は他に知らない。

 

 

 

 

〜終〜

 

スポンサーリンク
Powered by amaprop.net