隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

SFC星のカービィ スーパーデラックスのおもいで

今週のお題「ゲームの思い出」

 

 

f:id:Baskerville:20180716135725g:plain

 任天堂:https://www.nintendo.co.jp/n02/shvc/p_akfj/index.html

 

 

今週のお題をみて思い出す。小学生のとき狂った様に遊んだゲーム。お父さんと、弟と、友達と一緒に。「星のカービィ スーパーデラックス」

スーパーファミコン用ゲームソフトである。本体のスーパーファミコンは父が、私が産まれる前に買ったものらしい。気づいたらそこにあった。「星のカービィ」も気づいたらそこにあった。15年も前の記憶だからよく思い出せません。でも発売したのが1996年らしいから、もしかしたら最初からあったのかも。

 

いちばん一緒に遊んだ思い出が残っている相手が弟です。ただ単純に一緒にプレイした時間が長いだけかもしれないが、色々な事を思い出す。

早く遊びたいから、夏休みの宿題を後ろのページに付いている、答案用紙を覗きながら終わらせた事、そしてそれがバレて一緒に母に怒られた事、弟とゲームのことでケンカした時には、弟が使っているキャラクターを消して(1P側は2Pを消したり出したり出来る)よく泣かせたり・・・。

データが飛びやすくて有名な本作だが(一通りクリアしないと遊べないステージがあった)当然私達も何度も経験した。一度ゲームの電源を切った翌日に電源を入れる時は毎度ドキドキだった。でも何度消えてもまたすぐに、絶望を無かったかのように、2人で遊びだす。最初のステージばかりで飽きても、ミニゲームでインターバルを置いたりして。それほど楽しいゲームであった。一つ思い出すと、思い出が溢れてくる。とまらない

 

 

そして、いま思い返してみると別の視点でグッとくるものがあります。遊べるステージの名前「はるかぜとともに」「銀河にねがいを」などの素敵なステージの名前。

他にはステージ「洞窟大作戦」で探し回る宝物の中に、他の財宝と同じように手に入れる事ができる「はるのおもいで」「なつのおもいで」「あきのおもいで」「ふゆのおもいで」という名のたからもの。おもいでが宝物なんて、当時は意味がよく分からなかった。本気で不思議に思っていたが、大人になった今ならなんとなく分かる気がする。素敵です。

 

f:id:Baskerville:20180716135730p:plain

 

 

あるあるな気がするのですが・・・、

 

私は長男です。そんで毎回、当たり前のように私が1Pで弟が2Pで遊んでいたのですが、兄弟あるあるですよね???(笑)

当時は弟も,遊び出す最初から2Pのコントローラーを取っていた気もしますし。なんなんですかねアレ。

 

 

 

久しぶりに遊びたくなってきました。弟も呼んで実家に帰ろうかな。

弟が1Pで私が2Pもいいかもしれない。

 

 

ではでは、ありがとうございました。