隠れオタク黙示録

まだまだ日の浅い隠れオタクな私がリアルの人達にバレずにこれからのオタクライフをインターネットで発信し、半隠れオタクを満喫するブログ。

銀河にねがいを

今週のお題「星に願いを」

 

天の川銀河を越えて織姫と彦星がデートする7月7日がやってきましたね!

七夕伝説は元々、中国発祥のお話だとか。素敵な物語です。

この時期なので、どうしても雨が降りがちです。この七夕に振る雨は催涙雨というそうな。

  


催涙雨

読み方:さいるいう
別表記:洒涙雨、灑涙雨

七月七日に降る雨を意味する語。一般に、七夕しか会うことの出来ない織姫と彦星が天の川を渡れなくなり、流す涙になぞらえているとされる。
ちなみに七月六日に降る雨は洗車雨と呼ばれ、織姫に会うため彦星が自らの牛車を洗っている水だとされている。 
引用:催涙雨とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

 

または2人が会えたのを喜んで流したうれし涙として捉える地域もあるみたいです。

翌日の7月8日に流す雨は、別れの涙。雨が降っても、言葉・意味にしても、なんだかロマンチックですね。素敵です。

 

 

 

しかし、この雨が今現在大問題です。活発な梅雨前線の活動の影響で記録的な大雨が降る地域があります。犠牲者、行方不明者のニュースが流れて、胸が痛いです。冠水、洪水で困っている方もたくさんいます。今星に願いを掛けるならば、雨が上がり困っている方が早く救われることを願うのみです。

 

 

 

スポンサーリンク
Powered by amaprop.net